FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年会のご案内

皆さんは、2009年、振り返っていかがでしたか
稽古に試合に満足出来た一年でしたでしょうか。

さて年開けて早々1月11日(祝)には市川市大会、16日と17日には南房総市白浜町で田邊哲人会長をお迎えしての一級審判講習会及び初稽古と特錬会が開催されますが、その前に、今年もやろうぜ新年会と言うことで、やります。

日時:1月9日(土)午後7時~
場所:本千葉駅すぐ近くの「まめや」(住所:千葉市中央区長洲1-23-4・電話:043-202-8220)
会費:大人4000円・中学高校生3000円・小学生以下2000円

毎回恒例の豪華景品が当たる(可能性の有る)ビンゴゲームも有る(と思います)ので、道場問わず子供も大人も大歓迎、皆さん是非参加してください。
尚、当日の午後5時から午後6時30分まではいつもの通りモノレール「千葉市役所前駅」前の中央コミュニティセンター4階の柔道場で稽古しておりますので、他道場・教室の方々は、出稽古にも来ていただいて、そのまま新年会に流れ込むという感じでお越しいただければ幸いです。

スポンサーサイト

頂上を目指して-4-

“頂上を目指して”第4回目は、2009年全日本選手権・二刀の部のチャンピオン、高橋真司選手の登場です。
高橋選手は、全日本選手権や世界選手権でも大活躍の選手で、千葉県が誇る現役トップ選手であることは、おそらく誰もが異存無いでしょう。
そんな高橋選手なのですが、毎年開催されている各都県選抜代表選手による関東大会においては何故か得意とする二刀では無くて長剣フリーの選手としてエントリー(長剣でも抜群の強さと言うことです)されている一面も有れば、AKB48のファンだったりと、お茶目な部分も持ち合わせた選手でもあります。これ、言ってもよかったのかな…

さて、そんな高橋選手に、第3回千葉県浦安市大会の会場でインタビューさせていただきました。

CIMG2160-1.jpg


スポチャンを始めた経緯を教えてください

「友人にスポーツチャンバラ道場の夢騎士団に行ってみようと誘われて、何気なくやってみたら嵌ってしまいました。気がついたら10数年です。」

スポチャンのどこに嵌りましたか

「とにかく“勝つ”。これに嵌りましたね。当時の夢騎士団のメンバーは6~7名程度で、皆、同じ年齢位の人ばかりだったことも嵌った原因かもしれません。」

気がつけば10数年 続けてきた理由は何でしょう

「とにかく、やっていて面白いので、これからもずっと続けていたいですね。試合に出て、勝てばメダルを貰えて表彰される。好きでやっていて表彰までされる。こんな面白いことは無いですよ。」

高橋選手の戦い方を見ていていつも思うことは、周りの歓声に影響されていないんだな、と言うことなのですが

「そうですね。気になりませんから。それでも耳には入って来てはいるんですよ。例えば、“足(を斬られないように)に用心しろよ!!”なんて相手選手への声援が有ったとすると、ちゃーんと耳には聞こえていて、“そうなんだ。それじゃ、その注意している足を斬ってやるよ!!”とか思いますからね。相手選手への声援を耳にすると余計に、“よーし!!”と思います

今までで一番印象に残った試合を教えてください

「特にありません。どれもこれも全部記憶に残っています。強い選手が相手の時でも、友人が相手の時でも、対峙したら皆同じ。集中しますから。」

えーっと。管理人の場合は…とっくに見抜かれていると思いますが…

「はい管理人さんは、もの凄い集中している時と、舐めてかかってる時とがはっきりしてますよねいつもだいたい、しょぼい負け方しているときは相手を嘗めてかかってるときですよねコートに入る前の時点で見ていて判ります

はい、仰るとおりです管理人の場合、挑戦したい選手にしか燃えなくて…。競技者としては一番最悪なタイプでして。だからいつも戦績の波が激しいんですよね。悲しすぎますわこんな管理人ですから、高橋選手の集中力には、いつもいつも“凄いな!!!!”と思っています

「自分は、相手選手に対してイメージを持たないし、作らないんです。イメージを持つと、相手を舐めてしまうこともあるし、逆にこちらが萎縮してしまうことだってあるじゃないですか。だから、余計な事は考えません。いつでも自分の間合いと自分のスタイルを冷静に集中して貫くだけで、自分が底辺なんだと思っていますから。確かに、自他共に認める強い選手はいるし、そんな選手ともよく対戦する機会がありますが、それでも、そんな相手にも固定イメージは持たない、作らない。相手が強いとか弱いとか、そんな事は関係ありません。コートに立って対峙したならば、常に集中して、相手を倒す。これだけです。私が、試合に出始めたのは稽古を初めて2~3ヶ月後からの事でしたが、最初の1年位は1勝も出来ませんでした。勝てないと言うのは悔しいもので、負けた自分に、自分自身に腹が立ってくるんですよね。この悔しさがあるから、今まで続けてこられたんだと思います。だから、いつでも自分は底辺に居るんだという思いを変えないことにしています。とは言え、なかなかこの“自分は底辺だ”という気持ちに成りきれないことも多々あるのですが、それでも、“自分は底辺なんだ”と思うように努めています。」

2010年9月には、千葉県で国体が開催され、スポチャンは参考競技として参加しています。国体に向けて何か一言お願いします

「スポチャンは、自由に楽しめる面白い競技なので、是非一緒に参加しましょう。戦いましょう。」

国体への抱負を聞かせてください

「金メダル総取り。いつもこれが目標です。」

了解しました国体だけでなく、今後の目標を教えてください

「選手で居る以上は、2009年全日本選手権の二刀の部で優勝したという事は、あくまで通過点です。やはり、全日本選手権と世界選手権でグランドチャンピオンになること、これが目標です。そして、この目標をもしも叶えることが出来たならば、今度は、その連覇が目標です。がんばります。」



 高橋選手、試合の合間のインタビューにも関わらず快く応えてくださり、ありがとうございました。
 今回の取材では、たぶん、おそらく、管理人が一番勉強になったと思います。
 “自分が底辺”
 これはなかなか難しい。
 でも、トップ選手を見ると誰も彼も、プライドは当然持っているわけですが、その相対するところではいつでも“もっと上”を目指しているわけで、この“もっと上”を目指している自分の位置が、“今の自分にとっての底辺”という事なのでしょう。
 トップ選手であるが故に生まれる感覚は、聞いていて、やはり素晴らしいと感じました。
 好成績を一度や二度貰ったからと言って、そんなものは偶然でしかないのだから、出来上がってはいけない、ということですよね。
 皆さん、身を引き締めて、新たな戦いに挑みましょう!!
 私が一番問題か…
プロフィール

spochan chiba

Author:spochan chiba
千葉県スポーツチャンバラ協会のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。